【42城目】2016/03/24(187日目)【松山城】

 

この日も例の小屋から一日が始まる。

暁時紅い

20160324_055959

これが本当のあかつき、なんつって(;´∀`)

下らんことを考えながら、「道後温泉入らなきゃ・・・」などという謎の使命感に駆られながら向かうものの、途中で着替えが底をついていることに気付き愕然とする。

ぼんやり漕いでたら、いきなり目の前に温泉の本館前が。
20160324_070151

どうやら知らず知らずのうちに最短コースに乗っていたらしい。
前回は人混みでまともに撮れなかったので、今回はきちんとパシャッと。
20160324_070358

やはり風情がありますな。
そしてお隣の道後公園の展望台にも登ってみました。
20160324_072250

朝日に照らされた松山市内を一望できます。

こっちに移る途中、公園と温泉との間になにやら長い階段があるのがチラリ。
20160324_084537

温泉の神社かな?と思ったら、全国的にも珍しい、多くの算額が納められている神社でした。
伊佐爾波(いさにわ)神社

20160324_090131

20160324_085339

算額とは、数学の問題や解を額や絵馬に書き、己の学力向上の感謝と更なる励行を祈祷するものです。
面白いことに奉納された絵馬は、その他の参拝客に解かれたり、添削されたりしたそうな。
要するに、神社で密かな数学バトルが展開されていた訳ですね。
そうして発展していったのが、日本独自の数学「和算」だそうです(足し算ではない)。

20160324_090438

20160324_091004

これまでに日記にもちょくちょく登場しましたが、この和讃文化は時代小説「天地明察」(冲方丁・著)に大いに取り上げられています。
時代小説と言っても、斬った張ったの類ではない、これまた一風変わった小説なので、お薦めです。

岡田准一主演で映画化もされています。

ぜひともご照覧あれ。

さて、伊佐爾波神社を降りて松山城を目指そう。

20160324_091237

今日は江刺さんが特別に、松山城の忍者道を案内してくれるというので、ユミちゃんとついて行ってみます。

待ち合わせ場所に行くと、お城の麓で伊予柑もいでた(;´∀`)

20160324_102133

早速レッツらごー。
いわゆる裏道の、さらに裏道というやつ。

20160324_102507

でも、ある程度道がついてるということは、結構通る人いるのかな?

20160324_102749

でもさすがにここは誰も通ってなかった(笑)

20160324_103352

どっこいしょ。

20160324_103820

ここは・・・。

20160324_104840

本丸の井戸
・・・なんてことはなく、天守閣郡の近くの登城道に出ました。
でも昔は、どこかに横穴があったらしく、本当に井戸の底から秘密の通路が伸びていたそうです。
危険だから、今は埋めちゃったんでしょうね。

頂上の桜も咲き始め。
かなりの枝が萌えています。

20160324_105107

レッツ天守へー。

20160324_105834

櫓の太鼓~。

20160324_110252

ここも加藤嘉明公が手掛けたお城。

20160324_110914

柱の落書き(笑)

20160324_111715

急な階段と、忍者ばりのスピードで登る江刺さん(白石城のおばあちゃんガイドを思い起こすな…)。

20160324_111955

上からの眺めは絶品。

20160324_112103

20160324_112902

種類によっては桜も満開。

20160324_114949

色がケバいが、伊予かんソフトらしい。

20160324_115329

ロープウェイとプールとアーチェリー。
なんだこの光景は(笑)

20160324_120534

姫ダルマ。
おめでたいものらしいが、ちょっと怖い。

20160324_120932

松山城下の気になるカフェ。

20160324_121309

これにて松山城散策も終了。
これまでずっとお世話してくださった江刺さんともお別れします。
本当にありがとうございました!

 

さて、ぼっちに戻ってしまったところでご飯でも行こうかな。
あれ以来ずっと気になっていたものがあったので立ち寄ることに。
清まるのチーズマヨカツ定食(880円)

20160324_131011

とんかつには、とろ~りチーズ辛子マヨネーズがたっぷり。

20160324_131106

絶対に美味しいだろという期待に、見事に応える旨さでした。
ボリュームも申し分なし。
ご飯が足りなくなるくらいです。
もう一回来よう。
ごっさんでした!

しかし思い返せば、松山に一週間以上もいたのか。
長かったような短かったような。
それもあと少し・・・。

走行時間:3:40:01
走行距離:52.4km
平均速度:14.2km/h